2013年05月28日

文章で報酬を得られるようになるには何が必要!?「プロブロガー」が教えるライターになるために実践すべき6つのこととは?

より多くの人に自分の書いた文章を読んでもらいたい。そして、できれば報酬も得たい。

文章を書くことを趣味とする者にとって、誰しも一度は抱く願望だと思います。


小説家、エッセイスト、コラムニスト、コピーライターなど、文筆を生業としている職業はたくさんありますが、一番身近なのは普段私たちが日常的に目を通す、雑誌やウェブサイトに記事を書く「ライター」ではないでしょうか。

近年はネットメディアの台頭もあり、どの会社にも属さないフリーのライターも増え、一般人にとっても「ライター」という職業の垣根がぐっと低くなりました。

しかし、垣根が低くなるとともに、「ライター」の書く記事の単価も下がり、フリーライターを生業として生活していくのは非常に厳しくなっているようです。

(参考:ライターになりたいという若者がいたら(ガジェット通信))


それでは、私たちのような素人がライターとして報酬を得て、生計を立てられるようになるにはどうすれはいいのでしょうか。


年収150万円で僕らは自由に生きていく (星海社新書)」の著者で、「プロブロガー」として活動するイケダハヤト氏は、自身のウェブサイトで、未経験者がフリーランスのライターになるため方法として、以下の6つを実践することを推奨しています。


1.文章能力を鍛えるために、とにかくブログを書く。
(会社員なら1日最低2時間、学生なら一日最低4時間は文章を書く。)
2.インタビューに挑戦する。
(人の話を聴いて記事にする練習をする。最初は友人・知人へのインタビューから始める。)
3.クラウドソーシングサイトで仕事を受注する。
(クラウドソーシングとは、ウェブサイトを通じて仕事を受発注する仕組み。このサイトにはブログなどの記事作成の依頼が多く寄せられている。)
4.寄稿に挑戦する。
(ライターを募集しているサイトに応募して自分の文章を寄稿する。こうしたサイトは自分のブログとはアクセス数が桁違いなので多くの人に自分の文章を読んでもらうことができる。)
5.ライター以外のビジネスも模索する。
(ライターのみで安定収入を得るのはやはり難しい。ライター修行で身に付けた能力を活かしてブログ、メルマガなど、収入源を増やせないかを考える。)
6.炎上を恐れず発信する。
(炎上を恐れずに、どうせ書くなら社会に問題提起するような踏み込んだ記事も積極的に書いていこう。あたりさわりのない記事を書くばかりがライターではない。)

(引用: 未経験からフリーランスライターになる方法(ihayato)。括弧は管理人による脚注。)


確かにこういう段階を踏みながら研鑽を積めばいつか文章で報酬をもらって生活できるようになるのかもしれません。

とはいっても、個人で気軽に行える1番と2番から、3番(クラウドソーシングサイトで仕事を受注する)にステップアップするのは少々ハードルが高いように思えます。


実際に「クラウドソーシング」を仲介するサイトを覗いてみると、最近は記事一本から受注できるコーナーもあるようですが、30本以上のまとまった記事を請け負う仕事が主流となっています。

また、依頼人の求めに応じた記事を書くセミプロのような仕事は、経験の乏しい「駆け出しライター」にとっては不安が大きく、二の足を踏んでしまう人も多いような気がします。


◆ ブログライターで文章修行!

そこで、本格的にライター修行をする前のステップとしてお勧めしたいのが、「ブログライター」に挑戦してみることです。


「ブログライター」とは、企業とブロガーを仲介するウェブサイトが発信する案件(依頼)に応じた記事を書く仕事のことで、「クラウドソーシング」のようにライターは依頼人と一対一で対峙する必要がないので、気軽に記事を書くことができます。

また、「ブログライター」のサイトでも、書いた記事はサイト運営担当者や依頼人の審査を通過する必要があるので、本番さながらの緊張感が得られるのも魅力です。


「ブログライター」を募集するサイトは検索するとたくさん出てきますが、今回はその中で特に文章修行に適した『ブログ広告.com』というサイトをご紹介します。


ブログ広告_COM_サイト紹介.png

(「ブログ広告.com」のトップページ)

■サイトの主な特徴

まず、このサイトの主な特徴をまとめておきます。


●『ブログ広告.com』の主な特徴

18歳以上(学生不可)で国内に銀行口座を持つ人ならば誰でも無料で会員登録が可能。
・書いた記事はサイトの運営担当者(依頼人)の審査を受けて通過すれば、換金可能なポイントを受け取ることができる。
(1pt=1円。ただし、換金には1500pt以上が必要)
・基本的な依頼は、自分のブログに記事を掲載する「ブロガー案件」と自分のブログに掲載せずに記事をサイトの投稿フォームから送信する「ライター案件」がある。
月間1万PVを超えた「一定の影響力のあるブログ」は、「プレミアム会員」に申請でき、審査を通過すれば上記の2案件よりも高ポイントの依頼(プレミアム案件)を受注できる。
報酬は「ライター案件」と「ブロガー案件」は1案件あたり、50〜500pt、「プレミアム案件」は1案件あたり2000〜10000pt。
・一人で複数のブログを登録できる。

(参考:ブログ広告.com サービス概要)


プロのライターは依頼人の要望に応じて、少々苦手なジャンルの記事も書くことも少なくありません。

また、プロの書き手は記事の内容に応じて、雰囲気の異なる様々な文体を使い分ける能力を持っているのが当たり前です。


このサイトでは特に「ライター案件」に力を入れているようで、旅行やレジャー、車や化粧品など、多種多様な案件が用意されている上、多くの案件では「コラム記事」、「説明記事」、「ブログ風記事」というように細かく書き方も指定されているので、依頼人の要望に応じて自在に文章を書くという「プロの書き手の能力」を養うにはぴったりだと思います。


■文章能力を鍛えるのにぴったりの報奨システム

このサイトでは特に文章能力が重視されており、実力のあるライターがより多くの報酬を獲得できるように、以下のような報奨システムが導入されています。

●『ブログ広告.com』の主な報奨システム

・「ライター案件」を10本参加するごとに100pt加算。
(案件を投稿すればするほど、報奨がもらえる仕組みなので文章能力に自信がなくても積極的に挑戦できる。)
・記事の品質による評価システム
(サイトの担当者が書いた記事を3段階で評価。最高評価の「優」ならば50pt加算。ただし、最低評価の「可」の場合は逆に-50ptとなるので注意。)
・「高品質コラム記事」に挑戦できる。
(「ライター案件」の中には、高ポイントがもらえる高い品質の文章を募集する「高品質コラム記事」というものがあり、一般会員でも挑戦可能。文章能力に自信のある人は積極的に挑戦してより多くのポイントを獲得できる。)


いい加減な記事を書くと、記事が採用されず報酬を得られないのはどこのサイトでも同じですが、これだけ「実力重視」の姿勢をシステム面で強調するサイトは、少ないと思います。

多くの報酬を得るために、「ホンモノの文章能力」が要求される「ブログ広告.com」は、文章で生計を立てられるプロを目指したい人にはぴったりなサイトといえるのではないでしょうか。


「ブログライター」の仲介サイトは、そのビジネスを軌道に乗せるのが難しいようで、しばらくして閉鎖するサイトも多く、せっかく集めたポイントが無駄になるということも少なくないようです。

今回ご紹介した「ブログ広告.com」は、2006年から7年以上の運営実績があるので、比較的信頼性が高いと思います。


なお、会員登録(無料)は以下のサイトリンクからできます。

「ライター案件」ならばブログを持っていなくても参加できるので、とりあえず登録しておいて、まずは気軽に自分の書きやすい記事から挑戦してみてはいかがでしょうか。


ブログ広告.com


参考サイト

未経験からフリーランスライターになる方法

ライターになりたいという若者がいたら(ガジェット通信)

posted by 残照 at 22:25| Comment(0) | Webサイトリポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

西部劇に憧れた少年は大人になってガンコレクターに!?「遊戯銃大国」日本のエアガン規制の現状は?

西部劇のガンマンに憧れていた少年は、大人になって本物の銃を手に入れて何がしたかったのだろうか。


5月13日、2013年2月22日に殺傷能力のある拳銃85丁と回転式拳銃1丁を所持していた疑いで、熊本の食品会社会長を銃刀法違反で逮捕したことを熊本県警が発表した。

同容疑者は、「西部劇で見て拳銃に興味を持ち、40年前からモデルガンを集めて改造していた。本物に近づけたかった」と供述しているという。

(参考:改造銃85丁所持の疑い 熊本、食品会社会長を逮捕(47News),改造拳銃85丁所持容疑、納豆製造社会長を逮捕 熊本(朝日新聞デジタル))


2008年には、東京都北区の遊戯銃メーカー「タナカ(タナカワークス)」が、本物の銃と同等の殺傷能力を持つことのできるエアソフトガンを製造・販売しているとして、警視庁に摘発されている。

警視庁の捜査関係者によると、「(摘発対象となった「回転式拳銃型エアガン」の)薬莢部分に違法改造を加えると、厚さ4ミリのベニヤ板6枚を貫通する“本物”なみの威力を持つようになることを問題視した」という。

(参考:改造すると殺傷能力あり…エアガン裏世界とは?(ZAKZAK))

photo by Crescent moon[CC BY 3.0]

MARUSHIN_POLICE_REVOLVER_(New_Nambu_M60)_3in-model_2011111901.JPG

(エアソフトガンの一種の「ガスリボルバー」。本物と見間違うほど精巧に作られている。)


本物の銃を持つことの難しい日本では、主に観賞用の模造品である「モデルガン」や、プラスチック製の弾丸を発射できるソフトエアガン(エアガン)といった「遊戯銃」が独自の発展を遂げてきた。

しかし、近年、本物志向のユーザーのニーズに応える形で、次第に本物と変わらないような外観を持つ製品や簡単な改造で高い威力を実現できる製品が販売されるようなり、やがてこれらを改造した銃を使った犯罪も頻発するようになった。


こうした犯罪を防止するため、2006年に銃刀法(銃砲刀剣類所持取締法)が改正(2007年2月21日施行)され、その威力が厳しく制限されるようになり、業界団体による自主規制の取り組みも始まっている。

(2006年の改正銃刀法では、気温35度以下の環境で銃口から1m離れた位置での威力が3.5J/cm以上のものを、「準空気銃」として所持を禁止することが定められた。)



しかし、規制や取締りが強化されても、インターネットには威力を増大する改造の方法についての情報を公然と掲載するサイトも少なくない。

また、某質問サイトでは中学生と思しき質問者が、エアガンの改造についてしきりに質問する書き込みも見られる。


こうした現状に対して、製造メーカーは改造しにくいように工夫したり、威力のあるエアガンの購入に年齢制限を設けたりしているが、インターネットの通信販売では簡単な年齢確認だけで入手可能であることを考えると、十分な対策とは言えない。

上記の「タナカ」の摘発事例では「遊戯銃メーカーに自制を促しそう」という警察の思惑が感じられるが、こうした見せしめ的な摘発で抑止力を強めるだけでは根本的な解決には程遠い。もっと有効な対策はないものだろうか。


■ エアガンのマイナスイメージの払拭を目指す!?老若男女が多数参加する「APSカップ」とは?

改造銃の犯罪への利用やサバイバルゲームによる環境汚染の問題など、何かとマイナスイメージで捉えられがちなエアガンだが、その一方で、近年は射撃スポーツに利用され、多くの人々に喜びを与えているという側面もある。


たとえば、毎年夏には、エアガン(エアソフトガン)によるスポーツシューティングの競技会「APSカップ」が開催されている。


この大会は、「エアーガンによるスポーツ射撃の健全な普及と発展」を標榜して約20年前の1993年に創設された「日本エアスポーツガン協会(JASG)」が、啓蒙活動の一環として開催しているイベントで、毎年幅広い年代の男女が参加している。


大会は、いかに正確かつ素早く弾丸を的に命中させるかという「精密射撃」を競うもので、拳銃型のエアガンを使用する「ハンドガンクラス」と長銃型のエアガンを使用する「ライフルクラス」の2つのクラスに分れて行なわれる。

各クラスは2部門・3競技で構成されており、各競技は、「集中力」、「持続力(プレッシャーに負けずに集中力を持続させる能力)」、「決断力(狙う的を瞬時に決断し撃つ能力)」といったスナイパーに必要な能力を試すものになっているようだ。

APSカップ ハンドガン

(APSカップ、ハンドガンクラスの競技説明動画。[コピーライトマーク nomumogu])


APSカップ ライフル

(APSカップ、ライフルクラスの競技説明動画。[コピーライトマーク nomumogu])


photo by ホビープラザ ビッグマン【楽天市場】

(APSカップのハンドガンクラスで推奨されている『マルゼン エアーガン APS-3』。このモデルのように競技は、2万円以上の射撃競技用のエアガンを使用して行われています。高価な製品にもかかわらず、多くのネットショップで売り切れが続出するほどの人気商品のようです。参考:【楽天市場】『マルゼン APS-3』検索結果)


なお、APSカップについては以下の公式サイトに詳しく記載されています。興味がわいたという方はご覧になってみてはいかがでしょうか。


特定非営利活動法人 日本スポーツガン協会(Official Site)



何かを禁止されると逆にそれやりたくなったり、他人に何かを強制されると反抗したくなったりするという人は意外に多いようで、こうした心理は「心理的リアクタンス」と名付けられて、心理学の研究対象にもなっています。

エアガンの規制や取締りの強化はこの「心理的リアクタンス」を増大させ、人によっては逆効果になることもあるように思えます。


たとえば、上記で紹介したエアガンの射撃スポーツ普及させ、ボーリング場などのレジャー施設で誰でも気軽に楽しめるようにすることは、エアガンを改造したいという願望を抱く好奇心の強い人々の関心をより健全な方向に向けるための有効な方法となりうるかもしれません。


何か問題が発生したときの政府の対策は、法整備や取締強化といった「鞭」に偏りがちですが、自然に国民を良い方向に導けるような「アメ」の施策にも期待したいものですね。

参考サイト

モデルガン(wikipedia)

銃砲刀剣類所持等取締法(wikipedia)

タナカワークス(wikipedia)

エアソフトガン(wikipedia)

Air Precision Shooting(wikipedia)

心理的リアクタンス(モチベーションアップの法則)


銀玉鉄砲 セキデン オートマチック SAP.50 (銀玉50発入)

(銀玉鉄砲が初めて登場したのは昭和35年(1960年)。当時の少年たちはもう既に50〜60代。いまの子供は見向きもしないだろうがノスタルジーに浸りたいという中高年世代には注目を集めそうな商品だ。)

posted by 残照 at 03:14| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

臭いカードで英語の勉強!?50種類以上の排泄物を網羅する「プロップトランプス」とは?

広い世界、排泄物を見て喜ぶ性癖を持つ変わった人も存在するが、そんな人々でも満足させられるようなカードが、2013年春、ついに日本に上陸した。


パッケージにあからさまなイラストが描画されたこのカードデッキの名前は「うんこカード」ではなく、「PLOP TRUMPS(プロップ・トランプス)」。

PLOPは英語で「ドサッ[ポトン]と落ちる」を意味する動詞で、排泄物が落下する様子をイメージしたネーミングのようだが、英語だとちょっとかっこよく感じるのは日本人の性なのかもしれない。

(参考:PLOP(weblioe英和辞典))

そんなこのカードには、全部で50種類以上の「うんこ」とそれに関するうんちくが記載されている。

排泄物の写真とその持ち主の食性、「硬さ」、「長さ」、「幅」、「臭い」「排泄頻度」といった基本データから詳細な解説まで網羅されたこのカードは、「排泄物マニア(?)」垂涎のアイテムと言えるだろう。


現時点で販売されているのは英語版のみだが、 各カードに記載された説明文はどれも興味深いものばかりなので、英語の勉強用の教材としても活用できる。

また、このカードにはトレーディングカードゲームのように決まった遊び方はなく、図鑑としての用途しかないように思えるが、工夫次第でカードゲームとして様々な遊びができるという。


カードは中身を保護するハードケースに入っており、価格は1980円と手頃な価格。子供の英語学習を兼ねて購入してみるのもよさそうだ。



ちなみに、このカードには人間の排泄物のカードは含まれていないそうです。

その理由について、公式サイトの担当者は、「気持ち悪いせいか、人のうんこは掲載されていません。」とのこと。

確かに人間の排泄物を写真で記載するのはいろいろと問題がありそうです。


とはいえ、現代の日本では、学校のトイレで排泄することの恥ずかしさから排便を我慢してしまう子どもが多く、近年は、こうした排便に関する抵抗感をなくすために、学校での「排泄教育」をいかに実施していくかが課題となっています。


輸入元では売れ行き次第では日本語版の発売も検討しているようですが、日本語版では学校教育での利用も視野に入れ、人間のカードも追加してもらいたいですね。


なお、以下の公式サイトではこのカードの遊び方などについて詳しく紹介されています。興味のある方はご覧になってみてはいかがでしょうか。


うんこカード(Official Site)


参考サイト

全国の小学校で“排泄”出前授業「ウンコビッチ博士」とは何者か(exciteニュース)

小学生のトイレ事情2012(小林製薬)


うんこカード 50種類以上のうんこデータを収録!英語の勉強にもなるジョークトランプ!

posted by 残照 at 21:14| Comment(0) | 関心事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。