2011年09月05日

雑踏の中にそびえ立つ「人間の塔」!?ちょっと危険なスペイン・カタルーニャ地方の無形文化遺産とは?

スペイン東部カタルーニャ地方、ビラフランカ・デル・ペネデス(Vilafranca del Penedes)。

地元のワイン生産の中心地としても有名なこの町で、先月30日、大勢の群衆が自分の肉体だけで高い塔を作る「人間の塔」コンテストが開催された。

この人間が組み体操のように重なって作られる人間の塔は「Castell(カステル)」と呼ばれるもので、18世紀末からこの地方で続く伝統的な文化だ。(castellはこの地域で話されるカタロニア語[カタルーニャ語]で城[castle]の意味。)

この地方では祭りなどで頻繁に見られるポピュラーな催し物だという。

2010年11月にはユネスコによって「人類の口承及び無形遺産の傑作の宣言」が出され、歴史的に貴重な無形文化遺産としても注目を集めている。


Vilafranca del Penedes


大きな地図で見る


Spanish Dahi Handi at Thane

(スペインのとあるイベントで披露されたCastellを撮影した映像のようです。塔の構築と解体。その一連の動作を連続して成功させて初めて、成功とみなされます。第一段目の土台の部分はとりわけ多くの人が集まっていますが、この部分は塔の維持と上位層の人の安全のために非常に重要な箇所。上位層になるごとに体重の軽い少年や少女になり、最上層には幼稚園児くらいの年齢の小さな子供が立ちます。万が一落下したときに彼らを体を張って衝撃から守るのは大人の役目!。そんな気迫が土台から伝わってきますね(^_^))


日本では、組み体操(組み立て体操)は授業のカリキュラムに含まれ、運動会や体育祭で児童や生徒たちがピラミッドを披露するのをよく見かけますが、大人のこうしたイベントはあまり見かけません。

日本でもイベントなどで挑戦すると盛り上がりそうですが、実現には安全性の確保が課題となりそうですね。


参考サイト

Vilafranca del Penedès(wikipedia)

http://en.wikipedia.org/wiki/Vilafranca_del_Pened%C3%A8s

Castell(wikipedia)

http://en.wikipedia.org/wiki/Castell

世界無形文化遺産(wikipedia)

http://ja.wikipedia.org/wiki/世界無形文化遺産



posted by 残照 at 23:48| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。