2013年01月13日

抱擁で心を健康に!?イギリスのビジネスマンに人気の「ハグ・ワークショップ」とは?』

最近はソーシャルネットワークで簡単に他人とつながっている気分を味わえるようになり、日常生活で感じるちょっとした孤独感を簡単に紛らわすことができるようになった。

しかし、SNSを介した表面的な人間関係は、逆に孤独感を強める結果になりうることもある。

また、安易に孤独感を埋めたつもりになっていても、心の奥底に抱える孤独感は本物のぬくもりを感じることでしか埋めることはできないのは言うまでもないだろう。


そんな現代人の孤独感を全く知らない他人同士が抱き合うことによって埋める試みが、イギリス・ロンドンで行なわれているという。

ハグ・ワークショップ(The Hug Workshop) 。

簡単に説明すると、見知らぬ男女が集まって抱擁を交わすことで癒し効果を得るセラピー(ハグ・セラピー)を実践する集まりのことで、クドル・ワークショップ(The Cuddle Workshop)とも呼ばれている。


参加者は性的な目的を一切持ってはいけないといういう厳格なルールに基づき、音楽に合わせながら歩きまわるエクササイズからスタート。

その後、互いの身体を軽く触れ合いながら、徐々に打ち解けていき、最終的には全員で床に横になって抱きしめ合う。

上記の記事のワークショップは、月に2回、日曜日の午後に行なわれているそうで、参加費は1回 29ポンド(約3800円)。

終了後には、ワークショップの非現実的な空間から現実世界にスムーズに戻るための食事会が開かれ、集まった男女の出会いの場としても一役買っているという。


ハグ・セラピーとは、孤独感や恐怖心、ストレス、不眠症、アルコールや薬物の乱用など、心の疲弊が原因の諸問題を、抱擁によって得られる「人のぬくもり」で解消する療法のこと。

その思想や効能は、サイコ・セラピスト(心理療法士)のキャスリーン・キーティング氏の著書「ハグ・セラピー・ブック(The Hug Therapy Book)」で詳しく紹介されている。


BBC NEWS Cuddle Workshop

(2011年にロンドンで開かれたクドル・ワークショップ(The Cuddle Workshop)の様子を取材したニュース映像[BBC NEWS]。この団体のHP→ Cuddle Workshop)



孤独な現代人にひとときのぬくもりを提供するこの試み。

このワークショップに参加しているのは、職場や家庭での過大なストレスで心のバランスを崩しかけていたり、安定した生活を送っていながらもどこか孤独感を感じてたりしている男女のようですが、彼らの抱える孤独感は現代人ならば誰しも持っているものだと思います。


日本でもハグ・セラピーへの需要はあるように思えますが、元々ハグの文化のない日本の実施はなかなか難しいのかもしれませんね。

参考サイト

キャスリーン・キーティング氏のウェブサイト(英語)

Hag Therapy(英語)

Defrazzle with “Hug Therapy(not just the kitchen)

心理療法(wikipedia)


posted by 残照 at 06:20| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。