2013年03月30日

あの黒褐色のペーストが2年ぶりに復活!?ニュージーランドの大衆食『マーマイト』とは?

2011年2月22日にニュージーランド・カンタベリー地方で発生した「カンタベリー地震(クライストチャーチ地震)」。

この地震で多くの人命と建物が失われ、生産機能を失った工場も多かったという。

震災の影響は食卓にも波及し、それまでニュージーランド人の食卓で当たり前のように食されてきた「マーマイト(Marmite)」も姿を消すこととなった。

それから約2年を経た3月20日、ようやく「マーマイト」の店頭販売が再開され、多くの国民が「食の復興」を喜んでいるという。

■ ニュージーランドのマーマイトはマイルドな味?

「マーマイト(Marmite)」とは、ビール醸造の過程で生成されるビール酵母を主原料とする食品で、1902年頃にイギリスの「マーマイト社」によって初めて商品化された。

マーマイトは濃い茶色をした粘り気のあるペースト状の食品で、 トーストにジャムのように塗って食べるのが一般的な食べ方だ。

マーマイトの独特の味と香りは、好き嫌いがはっきり分かれるものなので、日本やアメリカといった、この味になじみのない国にはほとんど普及していないが、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランドなどイギリスの文化を受け継ぐ国々では大衆食として親しまれている。


上のAFPの記事で話題となっているニュージーランドのマーマイトは、イギリスでの商品化後に、迅速に独占販売権を獲得した「サニタリウム健康食品会社(Sanitarium Helth Food Company)」によって、1908年から販売されているもの。

こちらのマーマイトは、地元の人の嗜好に合わせて砂糖やカラメルが多めに含まれているため、本場の味よりもマイルドな味わいとなっているようだ。

photo by Malcolm Farmer[CC BY-SA 3.0]

Marmite.jpg

(英国のマーマイト。)

photo by Supersaiyanplough[CC BY-SA 3.0]

Nzmarmite.jpg

(ニュージーランドのマーマイト。 容器もガラス製の瓶ではなく、プラスチックの円筒状のものが使用されている。)


震災によって失われた懐かしい味が2年を経てようやく復活したニュージーランド。

日本でも2年前の東日本大震災で被災して廃業に追い込まれた工場も多く、同様の事例は少なくない思います。


被災地が「食の復興」を成し遂げるには、政府や公的機関の支援の充実はもちろんですが、何より私たち消費者が積極的に東北の食品を購入し、復興を支えていく姿勢を示していくことが大切だと思います。

以下のサイトには、被災地の魅力的な食べ物が紹介されています。一度覗いてみてはいかがでしょうか。

食のみやぎ 復興支援ネットワーク

いわて食材倶楽部

がんばっぺ!福島

参考サイト

Marmine(Sanitarium Official Site)

Marmine NZ(face book)

マーマイト(wikipedia)

Marmite(マーマイト)(UK info イギリス情報サイト)

カンタベリー地震(2011年)(wikipedia)

Marmite(wikipedia)


マーマイトヴェジタリアン125g

(イギリスで製造されている本家のマーマイト。日本では1個700円程度で販売されています。トーストの上に薄く塗ってスライスチーズを載せて食べると美味しいそうです。日本でも食パンの上に海苔の佃煮とスライスチーズを載せて焼く調理法がメーカーのウェブサイトで紹介されいるので、これと同じ感覚で利用すれば案外日本人の口にも合うのかもしれません。参考:ごはんですよ チーズトースト(桃屋 HP))

posted by 残照 at 21:33| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。