2011年06月26日

ドイツの小さな村に突如現れた巨大なネズミとぞうの地上絵。子供たちを魅了する彼らの正体は?

ドイツ南部・ウッティンクの農地に、巨大なネズミとゾウの地上絵が出現した。

この地上絵は、ドイツで1971年に放送開始以来、現在も放送を続ける子供向けアニメ「ネズミのばんぐみ(Die Sendung mit der Maus)」の主人公の「マウス」とその友達の「エレファント」を描いたもの。

番組が今年40周年を迎えることを記念して描かれた。

「エレファント」の地上絵は巨大迷路になっていて、地上からも楽しめる作りになっているという。

ドイツ・ウッディンク(googleマップ)


大きな地図で見る


ちなみに、「ネズミのばんぐみ」は、日本では「日本におけるドイツ年」にあたる2005年と2006年にNHK教育テレビ(現:Eテレ)で、「だいすき!マウス」というタイトルで放送されました。

ゆるキャラ風のかわいいキャラクターは、インターネットでグッズも販売され、密かな人気を呼んでいるようです。


Youtubeに投稿されていたので、ちょっと見てみると、エレファントくんとマウスくんのやりとりが微笑ましく、他人への思いやりを小さな子供に教えてくれるやさしいアニメでした。

日本の子供向けアニメも面白いのですが、キャラクターグッズの販売を促進するというスポンサーの意向を受けて作られているものがほとんどなので、なかなかこういうアニメには出会えません。

子供が楽しめるのはもちろん、大人には癒しアニメとして楽しめそうですね。


Die Sendung mit der Maus

Die sendung mit der maus - computer


以下のサイトでは、「ねずみのばんぐみの」キャラクターやグッズ販売の情報などが紹介されています。


また、塗り絵やスクリーンセーバーとして利用できる画像の無料ダウンロードコーナーや簡単に遊べるゲームもあり、子供と一緒に楽しめるサイトになっています。


Mouse

http://maus.jp/



参考サイト

だいすき!マウス(wikipedia)

http://ja.wikipedia.org/wiki/だいすき!マウス

posted by 残照 at 18:14| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

キリストを磔にした釘を発見!?その信憑性は?

イエス・キリストは、当時のユダヤ教体制を批判したとされ、ローマ帝国への反逆罪という名目で、当時もっとも残虐な刑罰であった十字架刑(磔刑:たっけい)に処された。


十字架刑とは、刑を受ける者の両手首と足首を釘で打ち付け、そのまま死ぬまで放置する刑で、処刑される者は死ぬまで長時間苦痛を受けなければならなかった。



このイエス・キリストの十字架刑に使われた釘。キリストが処刑されたのは今から約2000年前なので、当然失われているはずだと考えるのが普通だろう。


ところが、20年前に発掘された約2000年前のものと推測される2本の釘が、キリストの処刑に使われた可能性が高いことが分かったという。


このことを12日、イスラエルのドキュメンタリー映画監督が自信満々に発表した。



この 映画監督(シムチャ・ジャコボビッチ)によると、この釘はローマ法で裁いてもらうために、ローマ人にキリストを引き渡した大司教カヤパの墓から見つかったものだという。


そして、密かにキリストを信仰していたカヤパが、自分の行動がキリストを死に追いやってしまったことへの罪悪感から、自らの墓にこの釘を一緒に埋葬したと推測している。


ところが、考古学者は、この大胆な説に多くの疑問を呈しており、信憑性はいまいちのようだ。


そもそも、この発表はこの映画監督(シムチャ・ジャコボビッチ)がプレゼンターを努めるヒストリーチャンネル(日本ではスカパー!やCATVなどで視聴可能)の新番組発表記者会見の場で行われたものなので、番組宣伝のためのパフォーマンスなのだろう。



そうはいっても、こうした歴史ミステリーは、疑わしいけれどそういうこともあるかもしれないと思いながら見るのが、楽しむコツ。

「信じるものは救われる」という教訓はあまり当てにならないかもしれませんが、ちょっとぐらい信じたほうが楽しいですよね。


ちなみに、日本にも『キリストの墓』にまつわる伝説があります。この伝説は、キリストが弟を身代わりにして日本に渡来し、その遺体が青森県戸来(へらい)村(現在は三戸郡新郷村大字戸来)の「十来塚」に埋葬されたという、ちょっと怪しめのものですが、ちょっとおもしろいですね。機会があればぜひ見てみたいです^^



参考サイト

キリストの磔刑(Wikipedia)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AE%E7%A3%94%E5%88%91

キリストの墓(Wikipedia)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AE%E5%A2%93#.E6.97.A5.E6.9C.AC

posted by 残照 at 16:03| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。