2013年06月06日

花嫁はワインにぴったりのケーキを選ぶ!?イギリスで人気を集める"ナチュラルな"ウェディングケーキとは?

今年も6月になり、結婚シーズンが到来した。

結婚式といえば、新郎と新婦が2人で一緒にウェディングケーキにナイフを入れる場面が思い浮かぶ人も多いのではないだろうか。


とはいえ、参列者の中にも甘い物が苦手な人も多く、せっかく切ったケーキを振舞ってもあまり喜ばれなかったということも少なくない。


甘いものが苦手な人でも満足させられるケーキはないものだろうかと調べてみると、ウェディングケーキの本場イギリスにそのケーキは存在した。

今回はそれをご紹介しようと思う。


photo by pocketcultures[CC BY 2.0]

cheese_wedding_cake1.jpg


上の写真のケーキは、「ウェディング・チーズケーキ」とも呼ばれるが、チーズケーキと区別するために「チーズ・ウェディングケーキ(Cheese Wedding Cakes)」と呼ぶのが一般的のようだ。


名前のつけられているものだけでも700種類以上のチーズがあるといわれるイギリス。

素材や製法の違いよって、様々な色彩を持つイギリスのチーズの中から数種類を選んで重ね、黄色やピンクの鮮やかな色の花、緑の葉っぱ、ぶどうやオレンジなどの果物、カラフルなリボン、やわらかな印象を与える羽毛など、様々な装飾品とともに盛り付ければ、通常のウェディングケーキと全く遜色のない「ケーキ」が完成する。

ケーキといえば、材料の分量を細かく計量し、焼き加減に細心の注意を払って作る繊細なお菓子がイメージされるが、こちらの「ケーキ」は本物のチーズをワンホールまるごと重ねて作るという、かなり豪快な料理となっている。


photo by Ian Lloyd[CC BY-NC-SA 2.0]

cheese_wedding_cake2.jpg

(最初の写真とは別のチーズウェディングケーキ。何も知らない出席者は本物のケーキと見間違いそうだ。)


このケーキは、(多くの人に知られるようになる)2004年よりずっと前から、お祝いの料理として一部の人々のみに知られていたが、本格的に流行が始まったのは2006年ごろ。

今ではイギリス国内だけで24以上の企業が、このケーキを製造するようになるなど、イギリスの最新トレンドとして人気が高まっているという。


Wedding & Party Cakes made with cheese

(イギリスのチーズショップが公開しているチーズウェディングケーキの紹介動画。[コピーライトマーク HouseofCheese])


価格は、使用するチーズの種類や量(大きさ)、装飾の豪華さによって異なるので、一概には言えないが、上の2つの写真のサイズのものだと約200英ポンド(約30500円)で購入可能。予算や用途、季節などに応じて自由にオーダーメイドできるのも魅力だ。


また、チーズ専門店ではチーズウェディングケーキ用の台(皿)やチーズをそれぞれ別に販売しているので、自分で選んだチーズを盛りつけてこだわりのオリジナルケーキを作ることもできる。

(参考:We are in Cheese Wedding Cake & Party Cake(House of Cheese))


チェダーチーズの発祥の地としても知られるイギリスでは、チーズは国民食のようなもの。

甘いケーキが嫌いな人にも喜ばれる「第二のウェディングケーキ」として今後さらに普及が進みそうだ。


ちなみに、上の動画の「House of Cheese」のウェブサイトでは、通信販売も行っているようですが、日本から注文するのはなかなか難しいようです。


ワインやお酒にぴったりのチーズは、辛党の人も食べやすいので、日本でもそれなりに需要が期待できると思います。

日本でもこうしたケーキが手軽に注文できる日がくることを期待したいですね。


参考サイト

ウェディングケーキ(wikipedia)

Cheese Wedding Cakes(British Cheese Board)

House of Cheese(Official Site)

チェダーチーズ(wikipedia)


【結婚のお祝いに】胎内高原チーズセット

posted by 残照 at 17:24| Comment(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。