2013年05月28日

文章で報酬を得られるようになるには何が必要!?「プロブロガー」が教えるライターになるために実践すべき6つのこととは?

より多くの人に自分の書いた文章を読んでもらいたい。そして、できれば報酬も得たい。

文章を書くことを趣味とする者にとって、誰しも一度は抱く願望だと思います。


小説家、エッセイスト、コラムニスト、コピーライターなど、文筆を生業としている職業はたくさんありますが、一番身近なのは普段私たちが日常的に目を通す、雑誌やウェブサイトに記事を書く「ライター」ではないでしょうか。

近年はネットメディアの台頭もあり、どの会社にも属さないフリーのライターも増え、一般人にとっても「ライター」という職業の垣根がぐっと低くなりました。

しかし、垣根が低くなるとともに、「ライター」の書く記事の単価も下がり、フリーライターを生業として生活していくのは非常に厳しくなっているようです。

(参考:ライターになりたいという若者がいたら(ガジェット通信))


それでは、私たちのような素人がライターとして報酬を得て、生計を立てられるようになるにはどうすれはいいのでしょうか。


年収150万円で僕らは自由に生きていく (星海社新書)」の著者で、「プロブロガー」として活動するイケダハヤト氏は、自身のウェブサイトで、未経験者がフリーランスのライターになるため方法として、以下の6つを実践することを推奨しています。


1.文章能力を鍛えるために、とにかくブログを書く。
(会社員なら1日最低2時間、学生なら一日最低4時間は文章を書く。)
2.インタビューに挑戦する。
(人の話を聴いて記事にする練習をする。最初は友人・知人へのインタビューから始める。)
3.クラウドソーシングサイトで仕事を受注する。
(クラウドソーシングとは、ウェブサイトを通じて仕事を受発注する仕組み。このサイトにはブログなどの記事作成の依頼が多く寄せられている。)
4.寄稿に挑戦する。
(ライターを募集しているサイトに応募して自分の文章を寄稿する。こうしたサイトは自分のブログとはアクセス数が桁違いなので多くの人に自分の文章を読んでもらうことができる。)
5.ライター以外のビジネスも模索する。
(ライターのみで安定収入を得るのはやはり難しい。ライター修行で身に付けた能力を活かしてブログ、メルマガなど、収入源を増やせないかを考える。)
6.炎上を恐れず発信する。
(炎上を恐れずに、どうせ書くなら社会に問題提起するような踏み込んだ記事も積極的に書いていこう。あたりさわりのない記事を書くばかりがライターではない。)

(引用: 未経験からフリーランスライターになる方法(ihayato)。括弧は管理人による脚注。)


確かにこういう段階を踏みながら研鑽を積めばいつか文章で報酬をもらって生活できるようになるのかもしれません。

とはいっても、個人で気軽に行える1番と2番から、3番(クラウドソーシングサイトで仕事を受注する)にステップアップするのは少々ハードルが高いように思えます。


実際に「クラウドソーシング」を仲介するサイトを覗いてみると、最近は記事一本から受注できるコーナーもあるようですが、30本以上のまとまった記事を請け負う仕事が主流となっています。

また、依頼人の求めに応じた記事を書くセミプロのような仕事は、経験の乏しい「駆け出しライター」にとっては不安が大きく、二の足を踏んでしまう人も多いような気がします。


◆ ブログライターで文章修行!

そこで、本格的にライター修行をする前のステップとしてお勧めしたいのが、「ブログライター」に挑戦してみることです。


「ブログライター」とは、企業とブロガーを仲介するウェブサイトが発信する案件(依頼)に応じた記事を書く仕事のことで、「クラウドソーシング」のようにライターは依頼人と一対一で対峙する必要がないので、気軽に記事を書くことができます。

また、「ブログライター」のサイトでも、書いた記事はサイト運営担当者や依頼人の審査を通過する必要があるので、本番さながらの緊張感が得られるのも魅力です。


「ブログライター」を募集するサイトは検索するとたくさん出てきますが、今回はその中で特に文章修行に適した『ブログ広告.com』というサイトをご紹介します。


ブログ広告_COM_サイト紹介.png

(「ブログ広告.com」のトップページ)

■サイトの主な特徴

まず、このサイトの主な特徴をまとめておきます。


●『ブログ広告.com』の主な特徴

18歳以上(学生不可)で国内に銀行口座を持つ人ならば誰でも無料で会員登録が可能。
・書いた記事はサイトの運営担当者(依頼人)の審査を受けて通過すれば、換金可能なポイントを受け取ることができる。
(1pt=1円。ただし、換金には1500pt以上が必要)
・基本的な依頼は、自分のブログに記事を掲載する「ブロガー案件」と自分のブログに掲載せずに記事をサイトの投稿フォームから送信する「ライター案件」がある。
月間1万PVを超えた「一定の影響力のあるブログ」は、「プレミアム会員」に申請でき、審査を通過すれば上記の2案件よりも高ポイントの依頼(プレミアム案件)を受注できる。
報酬は「ライター案件」と「ブロガー案件」は1案件あたり、50〜500pt、「プレミアム案件」は1案件あたり2000〜10000pt。
・一人で複数のブログを登録できる。

(参考:ブログ広告.com サービス概要)


プロのライターは依頼人の要望に応じて、少々苦手なジャンルの記事も書くことも少なくありません。

また、プロの書き手は記事の内容に応じて、雰囲気の異なる様々な文体を使い分ける能力を持っているのが当たり前です。


このサイトでは特に「ライター案件」に力を入れているようで、旅行やレジャー、車や化粧品など、多種多様な案件が用意されている上、多くの案件では「コラム記事」、「説明記事」、「ブログ風記事」というように細かく書き方も指定されているので、依頼人の要望に応じて自在に文章を書くという「プロの書き手の能力」を養うにはぴったりだと思います。


■文章能力を鍛えるのにぴったりの報奨システム

このサイトでは特に文章能力が重視されており、実力のあるライターがより多くの報酬を獲得できるように、以下のような報奨システムが導入されています。

●『ブログ広告.com』の主な報奨システム

・「ライター案件」を10本参加するごとに100pt加算。
(案件を投稿すればするほど、報奨がもらえる仕組みなので文章能力に自信がなくても積極的に挑戦できる。)
・記事の品質による評価システム
(サイトの担当者が書いた記事を3段階で評価。最高評価の「優」ならば50pt加算。ただし、最低評価の「可」の場合は逆に-50ptとなるので注意。)
・「高品質コラム記事」に挑戦できる。
(「ライター案件」の中には、高ポイントがもらえる高い品質の文章を募集する「高品質コラム記事」というものがあり、一般会員でも挑戦可能。文章能力に自信のある人は積極的に挑戦してより多くのポイントを獲得できる。)


いい加減な記事を書くと、記事が採用されず報酬を得られないのはどこのサイトでも同じですが、これだけ「実力重視」の姿勢をシステム面で強調するサイトは、少ないと思います。

多くの報酬を得るために、「ホンモノの文章能力」が要求される「ブログ広告.com」は、文章で生計を立てられるプロを目指したい人にはぴったりなサイトといえるのではないでしょうか。


「ブログライター」の仲介サイトは、そのビジネスを軌道に乗せるのが難しいようで、しばらくして閉鎖するサイトも多く、せっかく集めたポイントが無駄になるということも少なくないようです。

今回ご紹介した「ブログ広告.com」は、2006年から7年以上の運営実績があるので、比較的信頼性が高いと思います。


なお、会員登録(無料)は以下のサイトリンクからできます。

「ライター案件」ならばブログを持っていなくても参加できるので、とりあえず登録しておいて、まずは気軽に自分の書きやすい記事から挑戦してみてはいかがでしょうか。


ブログ広告.com


参考サイト

未経験からフリーランスライターになる方法

ライターになりたいという若者がいたら(ガジェット通信)

posted by 残照 at 22:25| Comment(0) | Webサイトリポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。